ホーム > 顧客視点を感じよう!

顧客視点を感じよう!


美容室のドラえもん吉村省吾のうさかめサロン経営
「愛されるサロンのポイントは何ですか?」

お客さまとなる一般女性に聞くと(実際に20人程度の30-40代女性にアンケートしました)、

  • 自分の髪や好みを分かってくれている
  • オシャレでセンスがある
  • 技術が早くて上手い
  • 旬なスタイルの提案をしてくれる
  • 会話など覚えてくれている

だいたいこんな感じの答えが多くを占めます。なるほど、顧客視点だと、その通りだなって感じます。

 
ところがですね。

これと同じ質問をクライアントサロンのスタッフ(全体で500人くらい)さんに、聞いたことがあるのですが、

答えは、

  • 清潔感
  • 笑顔
  • 挨拶
  • 来店時の対応
  • ファッション

というのが、大半を占めました。

顧客視点だと、すごく具体的だし担当者の個人レベル対応の内容だし、サロン目線だと、ごく当たり前のサロン全体に言える(サービス業全体でも言える)ことが多くを占めました。

どこのサロンでもやっていることは、当たり前のことだし、お客さまを迎える上での最低限のマナーみたいなものですよ。逆にココが出来ていないサロンはヤバイし、出来ていないサロンはほとんど無いです。

つまり、この部分って、他サロンと差がつけられません。

でも、顧客視点の愛されるサロンのポイントを、もう一度見てください。

自分の髪や好みを分かってくれている

お客さまに対する理解度などで差が出ますね!

オシャレでセンスがある

これは、サロン側からも出ている点だから、とても重要なポイントなのでしょう。

技術が早くて上手い

かなり差が出ますよね!これに目をつぶってはいけないですよ。

旬なスタイルの提案をしてくれる

スタイルブックがあったり、最新情報を学んでいたりと差がつくポイントです。

会話など覚えてくれている

カルテに会話の内容を書いているサロンだと差が出ますよね。

 
という感じで、顧客視点に立つと、差が出るポイントを改善出来ますね!

 

◆今回のポイント振り返り◆

サロン目線でなく顧客視点から、差が出るポイントを改善しよう!

 
 

うさかめサロン経営

column03【経営/顧客満足/接客】
ウサギのようにスピードと爆発力を!カメのようにあきらめないでコツコツ継続を!「美容と経営」にも連載を持つ吉村省吾の、すぐに役立つ経営コラム。
コラムはこちら

吉村省吾(理美容室のドラえもん)
合同会社ドリーミン代表。美容室FC本部でマネジメントを経験した後、06年独立。常にサロンの現場に立ち寄り、情報を収集。出店やプロモーションに必須の商圏分析を手掛けている。また、全国の理美容室経営者対象の電話、メールコンサルティング、ニュースレターの配信をはじめ、サロンの勉強会、幹部講習など数多くの経営サポートを行っている。主な活動として、「美容と経営」(新美容出版)での経営コラムの連載や業界誌のフリーライターとしても活動している。著書に「いつまでも通いたくなる。愛される美容室の繁盛メソッド」(DO BOOKS)。
facebook HP


記事一覧