ホーム > スタッフ離職防止のため『営業時間短縮』という苦渋の決断とその結末

スタッフ離職防止のため『営業時間短縮』という苦渋の決断とその結末


▶【PR】ヘアカラー2剤6%が700→400円/Lで買えるチャンス

美容師さんが一生働ける環境づくりを考える、
ヒンツ編集長、佐野です!

今回は、私の先輩が先日
お得意さまから伺った話です。

9時~21時の営業時間が難しくなった背景

元々営業時間が9~21時のサロンさま。

長時間勤務が原因で
辞めるスタッフが出たり、
早めに帰宅しなければならない
事情を持つスタッフから申し出があったりなど。

現状の営業時間では
働き続けられるスタッフさんを
維持するのが難しくなっていたそうです。

営業時間を18:30までに短縮するという、苦渋の決断

実質、2.5時間の営業時間短縮ですね。

月の営業日が25日だとすると、62.5時間。
スタッフ1人あたりの時間単価を
4,000円だとしたら25万円/人。

年間にしたら300万円/人のマイナス…
それはそれは大きな決断ですよね。

この苦渋の決断をした後、
その結末はどうなったと思いますか?

客数微減、売上は前年比110%、離職0に

なんと。

営業時間が短縮されたことで、
19時に帰られるようになり、
スタッフさんが辞めなくなった!

でも、売上はキープどころか
上がったという結末。

集客も単価アップも
そんな短時間で功を奏するなんて
なかなか難しいはず。

さて、このサロンさまは何をしたのか。

1つはカット料金の+300円アップ。
これは公共料金等の値上げなどを理由に
お願いしたそうです。

そして、もう1つは…

カラー時間の短縮でWin-Win-Winに

2つ目は、17時30分に
カット・カラーの受付同時終了でも
売上を落とさないようにするため、
時短グレイカラーの導入でした。

元々、地方郊外で地域密着のサロンさま。
グレイカラー比率の高い地域です。

これにより、

  • カラー客数を減らさないというサロンメリット
  • 18時30分にはお客さまが帰れるというお客さまメリット
  • 19時にはスタッフ全員が帰ることができるようになった=スタッフメリット

の『三方良し』が実現したとのこと。

当初は夕方だけの提案が、クチコミで朝イチにも拡大

閉店間際の込み合う時間帯、
しかも主婦の方が相手の場合、
早く帰りたいニーズに応えられるように
ということで夕方だけの案内だったようですが…

早く帰りたいニーズは朝イチの
お客さまにも多かったらしく、
クチコミから時短を希望される方が増えたそう。

営業時間と共に、
カラーの施術時間が短くなったことで
生産性をキープ、どころか向上したようです。

その勢いで社保にも

生産性が上がり、売上も上がったことで、
社保も導入できたそうです。

時間の問題が解決されただけでなく、
福利厚生まで整って、より一層
スタッフさんが働きやすい環境ができたみたいですね!

とにかくハッピーエンドでなによりでした!

こうやって、美容師さんが
働き続けられる事例が聞けると
本当にうれしいです。

もっともっと頑張っていきますね!

【PR】時短したいけどダメージが心配!という方に

ムーランエムーランのネイチャーディープスピーディーカラーは、放置10分、アルカリ40%カット(当社比)、8レベルまで対応できる時短グレイカラー。

今回のオーナーさまにも『今回ほどムーラン使っていてよかったと思ったことないよ、感謝してます』と言っていただけたみたいです♪

早くなる分、クオリティが落ちる心配のある方は是非お試ししてみてください。まだムーランエムーランをご利用でない方には、無料でお試しいただけます♪

 
 

▶【PR】ヘアカラー2剤6%が700→400円/Lで買えるチャンス

 

ヒンツ編集長ブログ

sano美容師の方がイキイキ働けるためのお手伝いをするため『Hints for Hair-Salon』を立ち上げた編集長の、つぶやきだったり、熱い想いだったり。
ブログはこちら

佐野貴浩(ヒンツ編集長)
Hints for Hair-Salon編集長。美容商材メーカー『ムーランエムーラン』広報担当。1983年生まれ。岡山県倉敷市出身。ほとんど知識もないまま2009年に美容業界へ。手探りのまま美容室経営者の方々と関わるにつれ、美容師という職業の魅力と美容室経営の難しさを知る。自身の情報収集を美容師の方に役立ててもらうため、Hints for Hair-Salonの運営を開始。夢は全国の美容師の方と仲良くなること。
facebook twitter HP


記事一覧