ホーム > 白髪染め中に「いいカラー剤使われてる」と思われるポイントってどこよ

白髪染め中に「いいカラー剤使われてる」と思われるポイントってどこよ


▶【PR】ヘアカラー2剤6%が700→400円/Lで買えるチャンス

白髪染めのクオリティアップを応援、
ヒンツ編集長、佐野です!

おしゃれ染めと白髪染めで、
お客さまが求められることって違いますよね。

で、思ったんですよね、
評価ポイントの多さが全然違うが!と。

おしゃれ染めはカラーリングデザインとして「イケてるかどうか」

ほぼ見た目。
キレイさ、透明感、ツヤ感、
今だと寒色系の色味とか、
グラデーションの美しさとか。

それに対して、白髪染めはどうかと言うと…

白髪染めは評価する要素が多くバランス重視

そもそも白髪を染めたいので、
白髪がちゃんと染まってるか(浮いてないか)。

それに加えて大きく
「快適性」「継続性」が
加わってくるかと。

その理由はどういう点にあるかというと…

①白髪染めは「しょっちゅうやる」

やっぱり白髪染めをする動機づけは
根元の白髪を隠したいこと。

なので2~3ヵ月に1回の
おしゃれ染めと比べて、
根元1cmの白髪が気になるので
0.5~2ヵ月に1回染められる。

ほんと、しょっちゅうやるんですよね。

月に1回くらいのペースなので、
毎回のことが気になるんですね。
「快適性」「継続性」。

②白髪染めは「根元まで塗る」

そう。
根元の白髪を染めたいんですよね。

ゼロテクの場合は置いておいて、
薬剤(アルカリ)が頭皮につく。

その部分でも
「快適性」と「継続性」について
気になってきます。

白髪染め中に「いいカラー剤使われてる」って思われるポイントは「ニオイ」と「ピリピリ感」

毎月毎月のことなので、
おしゃれ染めの方よりも
気になるのが「ニオイ」。

アルカリが反応することによって
発生するアンモニア臭ですね。

また、根元についた薬剤で感じる
頭皮の刺激、「ピリピリ感」。

この「ニオイ」と「ピリピリ感」が
お客さまの脳内を不安にさせます。

「なんか髪や頭皮に悪いんじゃないか」と。

つまり逆を考えれば、
「いいカラー剤使われてる」と
思われるポイントも、
「ニオイ」と「ピリピリ感」ですね。

つまり少ないほど安心感があるということ。

「ニオイ」と「ピリピリ感」の原因はアルカリ

白髪をしっかり染めるのに
必要なアルカリが、
逆に不安要素にもつながるんですよね。

ついでに繰り返しのダメージの蓄積も
アルカリですしね。

しっかり染めたい!
でも快適に続けてほしい!

この矛盾との戦いが
白髪染めで悩ましいポイントですよね。

対策まとめてみました

  1. 事前に頭皮保護対策を行う
  2. 低アルカリの薬剤を使用する
  3. 非アルカリカラーを使用する

①は頭皮保護系のローションだったり
スプレーで刺激をカバー。

②と③は原因のアルカリ自体を
少なくするorなくすという
アプローチですが、

そもそもの「白髪を染めたい」
というニーズを外さないように
しなければいけないのが注意点ですね。

どれもメリットデメリット
ありますが、白髪染めの
クオリティアップを検討する際に
参考にしてください♪

それではっ!

 

【PR】とにかく「ニオイ」「刺激」を比べてほしいグレイカラー

ムーランエムーランのネイチャーディープカラーは、アルカリ40%カット(当社比)、なのにしっかり染まるグレイカラー。

低アルカリでも浸透するように染料をナノ化し、キューティクルの開きが小さくてもしっかり染まる上に、施術中のニオイやピリピリ感が抑えられます。

ニオイ・刺激の少ない低アルカリでも、しっかり染まる白髪染めをお探しの方は是非お試ししてみてください。まだムーランエムーランをご利用でない方には、無料でお試しいただけます♪

 
 

▶【PR】ヘアカラー2剤6%が700→400円/Lで買えるチャンス

 

ヒンツ編集長ブログ

sano美容師の方がイキイキ働けるためのお手伝いをするため『Hints for Hair-Salon』を立ち上げた編集長の、つぶやきだったり、熱い想いだったり。
ブログはこちら

佐野貴浩(ヒンツ編集長)
Hints for Hair-Salon編集長。美容商材メーカー『ムーランエムーラン』広報担当。1983年生まれ。岡山県倉敷市出身。ほとんど知識もないまま2009年に美容業界へ。手探りのまま美容室経営者の方々と関わるにつれ、美容師という職業の魅力と美容室経営の難しさを知る。自身の情報収集を美容師の方に役立ててもらうため、Hints for Hair-Salonの運営を開始。夢は全国の美容師の方と仲良くなること。
facebook twitter HP


記事一覧