ホーム > 40代のお客さまは知りたがり?

40代のお客さまは知りたがり?


佐藤友美(元・増田ゆみ)の40代からのオトナ女性研究所
 皆さん、いま、お手元に40代のお客さま向けのヘアカタログはありますか?

 例えばクロワッサンのヘアカタログ、例えばユニークピースのヘアカタログ。そのヘアカタログを開いてみてください。普段見慣れている10代、20代のヘアカタログとは、何かが違うはずです。さて、何でしょうか。

 
 実は、40代を中心のする、大人女性向けのヘアカタログは、若い世代向けのヘアカタログに比べて、圧倒的に「髪型の解説」の分量が多いということに気づくはずです。つまり、文章が多いということです。

 私の実感値でいくと、10代から20代のヘアカタの髪型解説は100文字から150文字の間。40代以上のヘアカタログは、300文字から600文字の間。ずいぶん差があります。これは何も、ヘアカタログだけの特徴ではありません。ファッション誌においても、若い世代の髪型解説は短く、大人女性が読むファッション誌の髪型解説は長く、詳細な説明がされています。

 
 さて、これはどうしてでしょうか。

 
 読者アンケートをとると、大人女性はビジュアルだけに飛びつく世代ではないことがわかります。なぜその髪型が素敵なのか、どうして若々しく見えるのか。その理由を知りたいのが、大人女性なのです。選ぶべき理由があるものにお金を払う。それが、大人女性の心理です。

 昨年、ある人気ファッション誌で、白髪染めの企画が話題になりました。ハイライトを何本もとり、そのモデルさんの3ヶ月後の髪、半年後の髪を追いかけるという、業界誌ばりの詳しい解説をしたページです。

 この企画が大反響を得たということも、この世代の方々が、施術に対する理由、価値を知りたがっていることの裏づけのように思います。

 
 以前、Tierraという美容院の代表の中村さんのセミナーで「若い女性たちにとって髪はファッションの一部です。年齢があがるほど、女性にとって髪は体の一部になります」というお話を聞いたことがあります。

 この言葉は、大人女性の本質をズバリ捉えていらっしゃると思います。大人女性にとって、髪は体の一部。メンテナンスの重要性や、デザインの違いを説明されることは、彼女たちにとってはとても嬉しいことなのです。大人のお客さまには、皆さんの施術の価値をあげる説明を少し加えてみてはいかがでしょうか。

 
 
 

40代からのオトナ女性研究所

佐藤友美(美容ライター)【女性心理/40代~】
売切れ続出で4度増刷した『美容師が知っておきたい50の数字』の著者であり、40代からのヘア情報サイト『UNIQUE PIECE』編集長でもある美容ライター佐藤友美が、これからの美容室経営には外せない”40代からのオトナ女性”にフォーカスしたコラム。
コラムはこちら

佐藤友美(美容ライター)
2014年2月まで、増田ゆみとして活動。1976年、北海道知床半島生まれ。40代からのヘアスタイル&ヘアケア情報サイト「ユニークピース」編集長。東京富士大学 客員准教授。テレビ制作会社を経て、ライターに転職後は雑誌を中心に活動し、年間約700〜800ページのヘアページに関わり、撮影したモデル体数は3万スタイルを超える。サロンブランディング、商品開発アドバイザーなどとしても活動。全国での講演、セミナーは年間60〜80回ほど。共著「美容師が知っておきたい50の数字」(女性モード社)の続編、「美容師が知っておきたい54の真実」が2/25に発売。「PREPPY」「BOB」など業界誌への連載、著書に「PHOTO SHOOT LESSON」(髪書房)、編集書籍に「心に残るトップ美容師100のことば」(主婦の友社)。
facebook twitter HP


記事一覧