ホーム > 月8名×3,000円売上ONした”時短グレイカラー”のリアル活用術

月8名×3,000円売上ONした”時短グレイカラー”のリアル活用術


初めて「時短グレイカラー」を導入されたグリーンパークさま。ネイチャーディープ スピーディーカラーを導入した事で、売上がONした経緯や使いこなしを教えていただきました。※2016/8/4:後日談追加しました。

greenpark02SALON NAME_ Green Park

OWNER_ 堀田 和恵さま
PLACE_ 名古屋市千種区
スタッフ数_2名 セット面_4面
立地_郊外型/駅周辺・住宅地

月に6人くらいの”時間が理由で当日カラーができない”人にも提案できる

greenpark03
【6/1新発売】放置タイム10分!いたわり×時短グレイカラー(ネイチャーディープ スピーディーカラー) 今まで「時短グレイカラー」というジャンルのものは使用したことがありませんでした。話を聞いた時は、ダメージを抑えながら時短できるって、そんな便利なカラーがあるの!?と思いました。

 「時短」と聞いて最初に思い浮かんだのは、1日の顧客数が増やせそうでいいなと思いました。あとは忙しい方にも提案ができるなぁって。カットと同じくらいの時間でカットカラーが仕上げられるのは魅力ですね。名古屋の女性は専業主婦でも時間がない人が多いんですよ。習い事や子供のお迎えや塾の時間・孫が来ている‥など色んな用事の合間をぬって美容室に来られるんです。

 本当はカラーもしたいんだけど、時間がないからカットとカラーを別日にしている人も現実いらっしゃいますし、忙しいと美容室に来る時間を惜しんでホームカラーで済ませる人も中にはいます。1週間に1〜2人、月で6人くらいがイメージできました。時短カラーを使って、カット時間でカラーもできるなら来店頻度も上がるし、早くできると評判になれば、他店との差別化・クチコミにもつながりますよね。

特に良かったのが、オプションメニューを追加できたこと(月24,000円UP)

greenpark05
 サロンのある覚王山は土地柄所得が高めなので忙しいお客さまが多く、「終わりの時間を○時まで」と希望されることが多いです。でもカウンセリングで髪の状態を見て必要な場合はトリートメントや頭皮ケアを提案するのですが、「やりたいけど、今日は時間がなくて」「○時までに終わりたいから」など時間がネックになるケースが多かったんです。

 こういう場合にネイチャーディープ スピーディーカラーを使えば15〜20分短縮になるので、○時までに終わらせられると判断して、「早く染められるカラーがあるので、今日はそれにしましょうか?それならトリートメントをやっても予定通り○時までに終わりますよ」と提案しました。

 お客さまもキレイになれてハッピーだし、お店としても単価アップできて、こんな嬉しい話ないですよね。

 結果、月に8人オプションメニューで単価アップになりました。カラー7,000円の方が、+トリートメント3,000円で、ずっと10,000円の顧客になるのはとても大きいです。月1回来店の方がほとんどなので、1人あたり月3,000円だと、年間で36,000円。月に8人だと月24,000円で年間288,000円ですからね。

 「これからもこれでお願いね」と言われたり、1度良さを体験してもらえばリピートされているので、大きく売上にオンができました。

ポイントは時間を短縮しても安心してキレイに染められること

 時短できるからといって、アルカリが強いのはNG。ネイチャーディープカラーは低アルカリでキレイに染まるので、スピーディーカラーも同じように低アルカリで早く染められるならというのをクリアしているので使用できました。

 実際お客さまも、早いだけだと不安になると思います。だから「時間を短縮してもキレイに染められるカラーができたんですよ。色もしっかり持ちますよ」と伝えると安心してもらえました。新しい商品だというと、お客さまは納得しやすいのかもしれませんね。

しっかり色も入るし、色持ちも安心

greenpark04
 延べで30〜40人に使用しましたが、割としっかり色が入って、色持ちもよかったですね。明るめを希望される方が多いので、スピーディーカラーでも8レベルをよく使いました。

 白髪が浮きやすい人にもいいですね。本来の10分放置+5分置くとしっかり染まります。それでもいつもより時間が短いのでありがたいです。よく染まるのでとても助かっていますが、細毛の人で少し濃く感じた時があったかな?でも、深く染まるタイプだなと理解しておけば全然問題ない範囲です。

グレイカラーデビューする方の”サロンカラー”への入り口に

 今はカットだけだけど、年齢と共に白髪が気になり始める方がこれからグレイカラーデビューする時に勧めやすいですよね。早いと気軽にできるので、今までとの時間のギャップを小さくしてあげることで、サロンでカラーをするポイントは時間を短縮しても安心してキレイに染められることことのハードルが下がって手軽に始められます。

オーガニック系グレイカラー ネイチャーディープカラー 最初はスピーディーカラーでサロンカラーに慣れてもらって、そこから通常のネイチャーディープカラーに移行してもらえれば嬉しいですね。ネイチャーディープカラーに移行してもらえれば、さらにツヤ感や手触りの違いを感じてもらえますからね。

 ファッションカラーからの移行でグレイカラーデビューも考えると、8レベルまであってしかもちゃんと染まるのはいいですね。

カウンセリングは”時短”しないことが売上ONのポイント

greenpark06
 やっぱり美容師としてしっかり時間をかけてお客さまに納得していただくカウンセリングの時間が1番重要ですよね。逆に納得してもらえていないと、トラブルになります。だからカウンセリングは時短してはダメ。だからこそ、時短カラーはありがたいですね。

 カラーをオーダーされたとしても、髪質や頭皮の状態を見て「あ〜、これ怖いなぁ。パサつくかもなぁ。」と心の声をつぶやきます。するとお客さまは「え?そんなに傷んでる?」と普段見えない部分の状態を認識してくれます。そこで今の状態と原因と対策をきちんとお伝えして「今日はヘアカラーもするので、トリートメントもさせてもらいたい」と説明します。

 もちろんケアが必要ない方はそれでいいのですが、グレイカラーを繰り返される世代の方はダメージが蓄積していることがほとんど。なので、やはりプロとしてお客さまのなりたい髪を実現するために必要なことはきちんとお伝えすることが大切ですよね。それがお互いにとってハッピーですから。

1人サロンになると単価アップが最重要項目に

greenpark07
 実は残念ですが、信頼しているスタイリストが体調面で退職することになっていて、もうすぐ1人サロンになります。1人になってしまうと対応できる人数が限られてしまうので、特にこの時短はありがたいですね。人数ができなくなる分、単価アップをめざしたいですね。

 カット5,000円+カラー7,000円+頭皮ケア3,000円=単価15,000円を基本にしたい。理想は+トリートメント3,500円で18,500円。そこに店販も追加して、平均20,000円/人が目標です。

後日談(広告宣伝 佐野)

 残念ながら、スタッフさんの体調面での退職により6月から1人サロンになられたグリーンパークさま。しかし、ネイチャーディープ スピーディーカラーの導入による『時短+単価アップ』で、6月売上はなんと125万円、7月売上は驚異の170万円を超えたそうです!すごい!

 時短は小規模サロンさまの味方ですね!

使用アイテム

ネイチャーディープスピーディーカラー

ネイチャーディープカラー

 


記事一覧